バトオペ2 新機体 スタークジェガン550コスト汎用機 弾幕張りつつEXブースタで高速離脱

ゲーム

みなさんこんにちは、ピカデラ【@deo_deo04583694】です。

前回の新機体は、ヘイズル2号機 500コスト強襲機でした。スモークを使用してステルスからの爆速チャージ格闘は、汎用機ですら狩る勢いがあり、支援機がこの不意打ちアタックを受けた際は、発狂する事でしょうo(`ω´ )o

安心してください!ピカデラもその1人ですw

そして今週の新機体は、、、

バトオペ2 新機体 スタークジェガン550コスト汎用機 弾幕張りつつEXブースタで高速離脱

はい、来ました、皆さま。まさかイケメンのスタークジェガンがバトオペ2に参戦する日が来るとは、、、😭感無量です。

スタークジェガンとクシャトリア戦を何回も何回も観たのは僕だけじゃ無いはずです!!あの決闘をバトオペ2で実現するためにもクシャトリア実装オネシャス運営さん(๑>◡<๑)

なんならスタークジェガンのパイロットのストーリーとかでもおkですよ運営さん^ ^

created by Rinker
BANDAI
¥7,200 (2022/09/27 13:18:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥6,540 (2022/09/27 14:49:30時点 Amazon調べ-詳細)

機体紹介

ジェガンD型をベースとした対艦用攻撃仕様機に相当する、換装バリエーションの一種。

ジム系統と、アナハイム・エレクトロニクス社が開発したネモやネロの技術を融合し、新世代のスタンダード機として開発された地球連邦軍の主力MSのジェガンのマイナーチェンジ機であるジェガンD型をベースとし、プロト・スタークジェガンのデータを引き継ぐことで、対艦攻撃だけでなく総合性能向上型としての特性も備えている。

全身に様々な増加装備が施されており、火力、機動性、耐弾性の全てがベース機から向上。対艦攻撃のコンセプトから打撃力の高い実弾系武装を複数装備したことで、結果的にビーム兵器への耐性が重視される最新鋭のMSに対しても効果的であった。

ただし、多種多様な武装と機動性を活かすにはパイロットに高い技量が求められ、運用にあたっては対艦攻撃用ではなく主に指揮官用として配備されることが多かったとされる。

引用元:機動戦士ガンダムバトルオペレーション2公式サイト

マジかっこええですわ〜ガンプラ転売価格で高すぎo(`ω´ )o

created by Rinker
¥14,270 (2022/09/27 05:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

スペック 武装

レア★★★
機体属性汎用機
機体コストLV1 550
環境適正地上● 宇宙●

どの数値を見てもバランスよく振り分けされている。

高性能バランサー、格闘連撃制御を備えているので近接戦もこなせる。脚部にアーマーが追加されているが、脚部緩衝材がないのは少し残念_:(´ཀ`」 ∠):

新スキル EXブーストを備えている。※効果時間は5秒間
1度使用すると次回リスポーン時まで使用できない!背部のタンクをパージするエフェクトが欲しいところw

EXブーストの使用するタイミングは、枚数不利による撤退時試合終了間近のタイミングで撤退もしくは追撃に使用をお勧めします。発動すると緊急回避が1回発動可能なので回避時にも!

Sジェガン用H・バズーカ【散弾】散弾ではなぁー
散弾のHIT数によって即よろけか、よろけなし、になるかが決まる。散弾は×16発

Sジェガン用H・バズーカ
所持していれば、主兵装をこちらに変更が可能。爆風が狭いので敵の足元を狙う際は注意が必要

Sジェガン用ビーム・サーベル
下格がクシャトリア戦でみせた牙突、カウンターが取られやすい。格闘判定は中

ジェガン用V・P・システム
優秀な方のバルカン

Sジェガン用ビーム・ライフル
即よろけが取れる。段数が3発と少なめでリロード時間も長い

肩部3連装ミサイル・ポッド
1度の射撃で3連射してくれる武装。蓄積よろけも取りやすく、射撃後誘導が出来る優秀な武装

腕部グレネード・ランチャー
クールタイム0秒と2発速射が可能。他武装がリロード中に使用するとよい。この武装だけでは蓄積よろけは取れない。リロード時間も短めなのでよく使う

機体評価

武装を回転させるだけで与ダメがめちゃくちゃ取れます。しかしカスパでリロード短縮を積まなければバルカンしかなくなり狩られることも、、、なのでカスパは必ずリロード短縮を積みましょう。他の汎用機と比べると歩行速度は若干遅め、スラスターは若干多めと言った感じ。

カスタムパーツ積むなら

リロード短縮とスラスター森森、攻撃系を積むと良いでしょう!

ピカ・デラ
ピカ・デラ

閲覧ありがとうございました。

気に入って頂けましたら、もう1記事読んで頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました